2010年12月17日

白骨温泉

最初の白骨温泉は雪の残る春先で、乗鞍高原から入りました。残雪と凍結に怯えながら温泉の案内所にたどり着いたのですが、沢山の車で少し驚きでした。

温泉街へ登ってすぐの煤香庵で食事をして立ち寄り湯しました。入浴料は700円でした。
川沿いの高台に面した横に細長い湯船の半露天風呂で、もちろん白濁のやや低温の湯にゆっくりと浸かり硫黄臭の強い白骨温泉を堪能しました。

d1488-2.jpg


それから数年後の夏に、上高地バスターミナル近くの沢渡入り口が通行可能で、比較的短時間で秘湯の白骨温泉に到着できました。
有名な湯宿の泡の湯に入りましたが、本館の露天風呂は午後いちまでとかで、残念ながら外湯に浸かりました。
入浴料800円でしたが結構込み合っていて、しかもそれほど広くない露天風呂がかなりの低温で、夏とは言え風邪をひきそうな心配をしてしまいました。

今はまだ研究と経験が足りないので、今度は違う湯宿で白骨温泉を味わってみたいと思っています。


白骨温泉公式HP http://www.shirahone.org/

煤香庵:長野県松本市白骨温泉4200
TEL 0263-93-2917
http://www.baikoan.net/

泡の湯:長野県松本市白骨温泉4181
0263-93-2101
http://www.awanoyu-ryokan.com/



posted by プリちゃんパパ at 23:37| 温泉立ち寄り湯と足湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥飛騨温泉郷平湯温泉 ひらゆの森

安房トンネル近くの平湯バスターミナルの隣りに、宿泊設備も兼ね備えた日帰り入浴できるひらゆの森があります。平湯を通るとどうしても神の湯に入ってしまうので、少しそそられてはいたのですがなかなか立ち寄り湯できる機会がありませんでした。

たまたまのタイミングで入浴料500円払って入ってみると、なかなかのお湯でした。脱衣所は畳敷きでドレッサーは立ったままスタイル和風モダンな感じでした。入ってすぐの大浴場は黒光りしている組み木の高い天井で広々としていています。

体を洗って湯船につかった後外に出ると、様々な露天風呂が並んでいてどこから浸かるか迷うくらいです。手前から大・小・高温・適温と露天風呂ハシゴ状態で合計8種類、時間を忘れてしまいそうです。
手前は割合と高温で湯の花が浮いていますが透明なお湯で、奥へ行くと白濁した適温の湯と色々変化に富んでいます。

phroten13.jpg


大規模な入浴設備的イメージがあって今まで素通りしていたのですが、考え違いでした。これからはさらに、どこの温泉で立ち寄り湯するかで迷いそうです。
松本から神岡に抜けるルート沿線には数多くの温泉が待ち構えているのです。
竜島温泉・乗鞍高原温泉白骨温泉・さわんど温泉・坂巻温泉・中の湯温泉・平湯温泉・新平湯温泉・新穂高温泉など、他にも沢山あります。



ひらゆの森:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
TEL 0578-89-3338
http://www.hirayunomori.co.jp/




posted by プリちゃんパパ at 22:11| 温泉立ち寄り湯と足湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

信州渋温泉 外湯めぐり

外湯巡りを目当てに信州渋温泉にやって来ました。上信越自動車道の信州中野ICから約30分、川沿いの駐車場に車を止めました。またしてもワンちゃん達は車で留守番です。最近は車から降りようとするとよく咬まれます。

外湯めぐりができるということでやって来たのですが、何故か鍵がかかっています。次の浴場に行ってもやはり同じでちょっとムッときました。
土産物屋で話すと外湯用の鍵があるそうで、専用手拭いを買うと貸してくれるのだそうです。でも基本的には宿泊客専用の外湯なのだそうです。

一番湯から九番湯まで順番に外湯めぐりするのだそうで、手拭いはスタンプラリー用になっていました。とにかく一番湯の初湯から入りましたが、源泉をそのまんまの小さな湯船なので熱くて入れません。
なんとか次の二番湯の笹の湯に浸かったのですが、そこからは順番無視で九番湯の大湯に入ってしまいました。

その後は六番湯の目洗いの湯八番湯の神明滝の湯に入ったような記憶はあるのですが定かではありません。そのあたりで体力と時間切れになって、残念ながら帰ることにしました。

川沿いの小さな温泉街ですが、古き良き雰囲気が残っていて感心しました。渋温泉で最も有名な金具屋は外から眺めただけでしたが、さすがにとても雰囲気のある宿でした。

今度来た時には、ちゃんと九湯を廻ってみたいと思いました。

一番湯初湯⇒二番湯笹の湯⇒三番湯綿の湯⇒四番湯竹の湯⇒五番湯松の湯⇒六番湯目洗いの湯⇒七番湯七操の湯⇒八番湯神明滝の湯⇒九番湯大湯そして渋高薬師にお参りして満願成就。締めに番外の信玄かま風呂


信州渋温泉 http://www.shibuonsen.net/

posted by プリちゃんパパ at 22:35| 温泉立ち寄り湯と足湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。