2010年12月15日

信州渋温泉 外湯めぐり

外湯巡りを目当てに信州渋温泉にやって来ました。上信越自動車道の信州中野ICから約30分、川沿いの駐車場に車を止めました。またしてもワンちゃん達は車で留守番です。最近は車から降りようとするとよく咬まれます。

外湯めぐりができるということでやって来たのですが、何故か鍵がかかっています。次の浴場に行ってもやはり同じでちょっとムッときました。
土産物屋で話すと外湯用の鍵があるそうで、専用手拭いを買うと貸してくれるのだそうです。でも基本的には宿泊客専用の外湯なのだそうです。

一番湯から九番湯まで順番に外湯めぐりするのだそうで、手拭いはスタンプラリー用になっていました。とにかく一番湯の初湯から入りましたが、源泉をそのまんまの小さな湯船なので熱くて入れません。
なんとか次の二番湯の笹の湯に浸かったのですが、そこからは順番無視で九番湯の大湯に入ってしまいました。

その後は六番湯の目洗いの湯八番湯の神明滝の湯に入ったような記憶はあるのですが定かではありません。そのあたりで体力と時間切れになって、残念ながら帰ることにしました。

川沿いの小さな温泉街ですが、古き良き雰囲気が残っていて感心しました。渋温泉で最も有名な金具屋は外から眺めただけでしたが、さすがにとても雰囲気のある宿でした。

今度来た時には、ちゃんと九湯を廻ってみたいと思いました。

一番湯初湯⇒二番湯笹の湯⇒三番湯綿の湯⇒四番湯竹の湯⇒五番湯松の湯⇒六番湯目洗いの湯⇒七番湯七操の湯⇒八番湯神明滝の湯⇒九番湯大湯そして渋高薬師にお参りして満願成就。締めに番外の信玄かま風呂


信州渋温泉 http://www.shibuonsen.net/



posted by プリちゃんパパ at 22:35| 温泉立ち寄り湯と足湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。