2010年05月23日

河口湖・ホテル スポルシオン

その日は曇りで、せっかくの富士山も見ることができずにホテル到着。
ずいぶん前に無謀にも何度かラウンドした、河口湖カントリーに隣接していました。

ビギナーにはとんでもないコースで、林に打ち込むとキツツキになった気分を味わいますし、グリーンの芝目は富士山に順目とかでボールが傾斜を登ったりしたのを思い出しました。

宿泊はホテルスポルシオンワンちゃんと快適に泊まれます。食事も希望すると部屋でも可能です。
レストランではペット同伴はテラス席になるそうです。

こちらはフィットリゾートクラブという名の施設で、テニス・ゴルフショートコース・プールなどの設備が整っていて、ワンの宿がスポルシオンです。
本館にはショップやレストランの他大浴場もあります。

翌朝、朝食バイキングと云うことで本館のレストランに行くと、大袈裟ですが窓全部が富士山で、嬉しいやらビックリするやらでした。

fuji2.jpg

それからさらに山中湖で、心行くまで富士山を鑑賞させて頂きました。
昨日の本栖湖・精進湖・西湖・河口湖それぞれの富士山を堪能する企みが欲深かで叶わなかったと思ったので、その分さらに感動でした。

富士スバルラインからも良かったのですが、やはりある程度の距離から見た方が賢明です。

フィットリゾートクラブ:山梨県南都留郡富士河口湖町小立3階7139-1
TEL 0555-72-1881
http://www.fit-rc.com/hotel/sporsion/index.htm



posted by プリちゃんパパ at 22:52| ペットと泊まれる宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

信州白馬・カナディアンビレッジみそら野

白馬駅から車で15分ぐらいで、カナディアンビレッジみそら野に到着します。
みそら野別荘地の森の奥にありますので、迷いそうで少し不安になりますがそれも味わいとなっています。

チェックインは五竜ロッジの方なのでややこしいですが、なんとか迷わずに着きました。
ツリーハウスハンモックに広いドッグランも用意されていて、森の中の隠れ家的なムード満点です。

バーベキュー用の食料品はジャスコが近くて便利です。
夏でも夜になると寒いくらいなので、どの温泉に入ろうか楽しみです。

お勧めは八方温泉みみずくの湯です。またおびなたの湯はダイナミックな露天風呂なのですが夕方の6時までです。
塩の道温泉の倉下の湯も良いのですが、いつ行っても超満員で落ち着いて入れないのが残念です。

翌日は川の対岸にあるHAKUBA47ウインタースポーツパークで、ワンちゃんと楽しく遊ぶことができます。

JUNP.jpg

またオリンピックのジャンプ台も近いので、原田選手を思い出してみるのも楽しいです。
夏でもジャンプの練習していますので、選手に混ざってリフトで上ってスタート地点の後から気分を味わうことができます。

長野県はいたるところに素晴らしい景色お湯宿があり、白馬も何度通っても楽しめます。
ワンちゃん達も肯いています。

NAGANO.jpg

カナディアンビレッジみそら野:長野県北安曇郡白馬村北城831
TEL:0261-75-2698
http://canadianvillage.com/jp/?page_id=42

posted by プリちゃんパパ at 11:30| ペットと泊まれる宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

淡路島・民宿大浜荘

明石海峡大橋を渡り北淡ICを降りて、瀬戸内海播磨灘沿いの県道を南下して約30分で大浜荘に到着します。

そもそもは釣り舟の宿ですが、2食付きワンちゃん宿泊無料で感謝感激です。
和室の6畳で宿泊ですが、漁師さん経営ですので新鮮な海の幸を頂けます。

家族風呂もありますが車で10分も走ると五色天然温泉ゆーゆーファイブが利用できます。
淡路島は人が少なくてのんびりしていますが、ここの施設だけはメチャ込みで入場制限していました。

観光目的の一つ目は、神話の場所として自凝(おのころ)島神社を選びました。
古事記の伊弉諾尊(いざなぎ)・伊弉冊尊(いざなみ)が天の浮橋から国生みをしたのが自凝島なのですから、もう大変な場所です。

AWAJI.jpg

鳥居はでかいのですが神社自体は割とこじんまりしていて少し肩すかし状態でしたが、とにかくいろいろお願いしました。
そしたら小さな社の中でごそごそ音がしたので一瞬背中に電気が流れましたが、宮司さんが掃除か何かしていたのでした。
動揺してたのでしどろもどろの会話をしておいとましました。

NARUTO.jpg

二つ目は鳴門の渦潮だったので、鳴門大橋を渡って渦の道を目指したら駐車場でシャトルバスに乗れと言われて感じ悪かったのでやめにしました。
渋々戻って鳴門岬の道の駅うずしおから橋まで歩けるようになっていたので一応目的は達成できました。

「ここまで来たらやっぱし讃岐うどんだよな」で、また橋渡って高速料金一往復半の出費でした。

さらに戻るのもちょっと?なので、坂出まで行って瀬戸大橋を渡って帰りました。

民宿 大浜荘:兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2172-2
TEL 0799-34-0409
http://www6.ocn.ne.jp/~oohama/

五色天然温泉ゆーゆーファイブ:兵庫県洲本市五色町都志1087
TEL 0799-33-1601
http://www.takataya.jp/relax/yu.htm

自凝島神社:兵庫県南あわじ市榎列下幡多415番地
TEL 0799-42-5320
http://www.freedom.ne.jp/onokoro/

posted by プリちゃんパパ at 16:16| ペットと泊まれる宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。